「【送料無料】キングサイズのローベッド通販 ラインナップ」一覧

意外と搬入しやすいキングサイズベッド

キングサイズといっても、ホテルなど特別なところで見た意外にはなかなかピンとこないと思います。

 

キングサイズの幅は180cmになっていますので、シングルベッド(90cm幅)がふたつ並んだものをキングベッドだと思っていただければ分かりやすいと思います。よく「ダブルベッドで二人で寝ている」というときの「ダブル」はこのキングサイズのケースが多いようです。

シングルのマットレスが2枚並んでいるわけですから、大人2人でも十分寝れます。新婚さんなどがよくご購入されます。ただ、必ずしも2人で使わなければならないものではなく、体格の大きい方や、ゆったりと寝たいという方もまれに購入されるケースがあります。

お部屋の大きさが8畳以上、または専用の寝室があるお宅向きといえます。搬入に危惧される方も多いですが、マットレスが2分割できるものもありますので、シングルベッドが通ったことがあれば心配は入りません。もちろんフレームも分解可能なので、搬入の心配はほとんどいりません。

ご購入の際にご心配な方は、マットレスが2分割できるタイプのものかをメール等でご質問下さい。

 

お部屋の「動線」を確保できるかどうか?

よく家具のレイアウトを考えるときに、私たち店員は「動線」という言葉を用います。人が生活において、お部屋の中で通るであろうと仮定したルートを「動線」とよんで家具の配置の際に考慮に入れます。

この「動線」店舗のレイアウトでもよく用いられますが、約70cmの幅で設計されます。どうしても70cmが確保できない場合は60cmは最低確保できるようにします。肩幅より広ければ、無理なく移動できるというわけです。

ベッドの場合は上部の空間が開いていますので、壁との隙間は50cmぐらい確保できればストレスなく通れると思いますので、設置の際にはぜひ参考にしてください。

 

できれば避けたい壁際のベッド配置

大きいベッドのみならず、シングルベッドでもいえることですが、ベッドを設置していただくときにサイド部分を壁にピッタリとくっつけることはできれば避けていただきたいところです。写真参照

 

 

写真では壁の向こう側がサニタリールームとなっているので、さほど問題はありませんが、これが外壁の場合はもろに室外温度の影響を受けてしまします。

最近の分譲住宅であればたいてい断熱材などが入っていますが、それでもかなりの冷気の影響を受けるのです。毛布や電気毛布を用いれば寒さはしのげますが、お部屋のスペースがあるようでしたら、ヘッドボードを壁につけていただく設置にして、いわば「頭寒足熱」状態にするのがもっとも理想的ですのでぜひ参考にしてください。

 

ヘッドボードを壁につける設置方法の場合に、注意したいのが前述しました「動線」への配慮です。ベッド横・足元には60cm程度の通路が確保できているか、無理なくスムーズに行き来できるかどうかをご確認下さい。

最近ではライフスタイルの変更に伴ってお部屋の大きさも広くなってきていますから、大きめのベッドも無理なく設置できるようになってきました。人生の3分の1を過ごすあなたの大切な場所です。ゆったりと快適にお過ごしいただけますようワンサイズ大き目のベッドをぜひご検討下さい。