「シングルのローベッド ラインナップ」一覧

単身赴任の方や学生の方、1人暮らしの方向け

快適な睡眠、熟睡においては寝返りすることが大変重要だといわれています。

そういった意味ではベッドコンシェルジュの私としては、ゆっくりとお休みいただくために、ワンサイズ大き目のベッドをオススメしたいところではありますが、お部屋の大きさによってはどうしてもシングルサイズのベッドを置くのが精一杯という現状もありえます。

また、学生の方などは3年~4年。単身赴任の方はもっと短いご試用期間もありえますので、かかる経費は極力抑えたいものですよね。

 

シングルサイズを選ぶと比較的安価に抑えることは確かです。しかし、寝心地が悪くなってしまっては元も子もありませんから、ぜひマットレスにはこだわってください。当サイトではチェックボタンでマットレスを選択できるようになっています。

ボンネルコイル、ポケットコイル、国産ポケットコイル。そのほかにはデュラテクノ、羊毛入りデュラテクノ、マルチラススーパースプリング等々をご用意しております。それぞれの特徴がありますので、ご自分の好みに合わせたマットレス選びをなさってください。

ボンネルコイル・・・かため 面で支えるマットレス
ポケットコイル・・・やわらかめ 点で支えるマットレス
国産ポケットコイル・・・ポケットコイルよりやや硬め

 

マットレスの大きさは規格でほぼ統一されています。サイズ(シングルやセミダブル・ダブルなど)さえまちがいなければ流用は可能(※)です。

※海外製のフレームなど例外があります。詳しくは下記の「シングルベッド購入時の注意点」をご覧下さい。

 

 

身長の高い方は、長身用マットレス

日本人の平均身長は年々高くなっています。今まではベッドの長さが195cmというのが一般的な規格でしたが、身長の変化と共にロングサイズのベッドも発売されております。

ベッドから足が出て困るなどのお悩みをお持ちのお客様はロングサイズのベッドがオススメですので、こちらをご参照ください。 ロングサイズベッドROSSO

※ROSSOのページで、チェックボタンで「サイズ」を選んでいただきますと、「付属」というボタンが出てまいります。マットレスを選んでいただく項目なのですが、その際に【ロングサイズ】というところを選んでいただきますと、長さ206cmのロングサイズベッドでの見積りができるようになっています。

 

 

シングルベッド購入時の注意点

シングルサイズのベッドは、90cm幅ですが、日本でよく流通しているものは97cmという大きさが大半のようです。「フレームは流用可能」と前述(※)しましたが、たとえばIKEAなどで買ったベッドフレームに日本製のマットレスを乗せる場合は注意が必要です。

特にローベッドなどのフレーム枠の中に挿入するタイプやステージタイプのものなどはあらかじめ大きさを計測してから購入しましょう。

また、一概に「シングル」といっても、セミシングルのものもありますので特に注意が必要になります。最近「脚付きマットレス」という部類のベッドで急速にその数を増やしています。

幅は80cmほどしかありません。私は事務所でのごろ寝用にあえて購入しましたが、ゆったりとは寝れませんでした。慎重170cm、一般的な体型です。女性で寝返りの少ない方ならつかえるのかもしれません。

また、(通常長さ1950mmのところ)長さ180cmしかないショートサイズのものも出回っています。かなり小柄な方か、子供さんでもなければ窮屈でしかたありません。良品返却となりますと無駄なお金を使うはめになりますので、注文の際は十分確認してからクリックするようにしましょう。

 

当サイトはカスタマーサポートがしっかりしていますので、ご不安な場合はメールにてご質問下さい。一営業日以内にお返事いたします。(営業時間平日午前10時~午後5時・土日祝休み) カスタマーサポートはこちら